ほのぼのぼのぼの

ひよっこエンジニアのほのぼの記録

Mac ユーザが Fedora 23 で開発できるようになるまで。

そこに Windows マシンがあったので、 仮想環境に Linux をインストールして、Mac のときと同様の開発環境を用意してみました。

Windowsで MS-Office は使えるわ Linux コマンド使えるわで実は便利なのかもしれない。*1

作業手順

仮想環境は、VMware でも VirtualBox でも Hyper-V でもお好きなものをどうぞ。

OS のインストール

Debian でも Ubuntu でも CentOS でもいいのですが、今回は Fedora 23 にしてみました。

インストールはなんだかとっても簡単で、パッケージを指定する隙もなく、気がついたら完了していました。

アップデート

おなじみのアップデート。最近はyumではなく、dnfなのですね。

sudo dnf update

日本語入力の設定

Google 日本語入力(Mozc)をインストールします。

$ sudo dnf  install ibus-mozc
  1. 「設定」→「地域と言語」→「入力ソース」に「日本語(Mozc)」を追加。
  2. 「日本語」を削除(-)
  3. キーボードレイアウトの変更 /usr/share/ibus/component/mozc.xmlを適当なテキストエディタで開いて、<layout>を次のように変更
<layout>jp</layout>

参考:Fedora 23 で日本語入力する【iBus】【Mozc】

ホームディレクトリ内のディレクトリ名を英語表記する

標準では、ホームディレクトリのディレクトリ名が次のように日本語で表示されます。

$ ls ~
デスクトップ ドキュメント ダウンロード ...

これだと、ターミナルで使いづらいので英語表記にします。

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

参考:Linuxホームのディレクトリ名を英語化する

Google Chrome のインストール

標準では Firefox が入っていますが、Google のサービスをよく使うので Chrome をインストールします。

$ wget https://dl.google.com/linux/direct/google-chrome-stable_current_x86_64.rpm
$ sudo dnf install ./google-chrome-stable_current_x86_64.rpm 

rpm からのインストールはdnf installで大丈夫みたいです。

Linuxbrew のインストール

Mac ユーザにはおなじみ、パッケージマネージャ Homebrew を Linux 環境でも使えるようにしたものです。

Linuxbrew by Linuxbrew

メリットは Homebrew と同じです。root 権限を必要とせずにホームディレクトリにいろいろなツールをインストールできます。

必要なパッケージのインストール

$ sudo yum groupinstall 'Development Tools' && sudo yum install curl git irb python-setuptools ruby

Linuxbrewのインストール

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Linuxbrew/linuxbrew/go/install)"

.bashrc の設定

.bashrcを適当なテキストエディタで開いて以下を追記します。

export PATH="$HOME/.linuxbrew/bin:$PATH"
export MANPATH="$HOME/.linuxbrew/share/man:$MANPATH"
export INFOPATH="$HOME/.linuxbrew/share/info:$INFOPATH"

最後にインストールが正しく行われたことを確認します。

$ source ~/.bashrc
$ brew --version
Homebrew 0.9.8 (git revision eec50; last commit 2016-04-26)
Homebrew/homebrew-core N/A
$ brew doctor
Your system is ready to brew.

brew コマンドが使えるようになりました!これで Mac のときと同様にいろいろなパッケージを試せますね!

それでは、素敵な Linux ライフを!

*1:かつてのMS-OfficeでWindows版とMac OS版の互換が完璧でなくて、泣かされた経験があります。